大掃除と粗大ゴミについて

1年間の間に1回から2回は行う大掃除。大掃除をしていて、粗大ごみに悩まされた経験はありませんか。せっかく、大掃除をしていてお部屋の中はきれいになったのに、その中に粗大ゴミが2つや3つ残っていたりしますと、大掃除の達成感もなく、スッキリした気分にもなれませんね。

 粗大ゴミは、元々収集の頻度も少なくて、2週間から1か月に1回しか収集日がない自治体も多く、大きさ的に一般の可燃ゴミなどと混同して排出される家庭も多いようです。ゴミの出し方が分からない場合は、自治体の環境担当の窓口や粗大ゴミ受付センターなどの窓口がありますので、電話などで問い合わせをすれば、教えてくれます。私も、生まれた町から別な市町村へ引っ越しした時は、ごみの収集のルールがかなり違っていて、暫く処分できない粗大ゴミに悩まされたこともありました。インターネットで調べてみたら、粗大ゴミ受付センターの存在を初めて知り、連絡をしてみたらコンビニなとで処理券を購入してから指定日に排出する事を知りました。自治体によっては、ごみの出し方ハンドブックなどを発行していたりしますので、どのゴミが粗大ゴミなのか判断も出来ますので便利です。ゴミの出し方のルールは自治体によって異なったりしますので、引っ越しした場合などはゴミの出し方ハンドブックを読んだり、自治体に問い合わせてみるのが確実です。ゴミの出し方は、近隣住民とのトラブルの中でも多いので、ごみはきちんと分別して排出したいですね。

粗大ごみは自分で持ち込めば安く上がる

粗大ごみの処理の方法は、手数料シールを購入して粗大ごみに貼り、ごみ置き場に出すのが一般的だと思っている人が多いでしょう。しかし実は、直接ごみ処理場に持ちこむことができれば、かなり金額を抑えて処理をすることが可能なのです。

タンスなどの大型家具を運搬するのは無理でしょうが、中型の家具や家電などは車でごみ処理場に運んでしまいましょう。地域のHPなどを検索すると、ごみ処理場の場所や持ち込み可能な日時が載っているはずです。

ごみ置き場で収集してもらう場合は一ついくらでお金がかかっていたものが、直接搬入すれば10kg~円などのくくりで処理してもらえます。この場合は10kgまではいくつ粗大ごみを処理しても同じ価格なので、いくつかの粗大ごみを一度に持っていけばさらに安く上がります。

日ごろからごみの日に出せないような中型の粗大ごみを倉庫などに貯めておいて、ある程度の量になったときにごみ処理場に運んで一気に処分してしまいましょう。自分で足を運ぶ手間はありますが、かなりのお金の節約となるはずです。

ウォーキングと私と掃除

失業中で時間に余裕があった頃、朝ウォーキングをはじめることにしました。

旦那を見送った後、ジャージに着替え朝8時ごろから近くの港公園へてくてく。

ボランティアの方なのか、市の委託業者の方なのか、ゴミ屋敷の片付け業者の仕事なのか、公園はいつもきれいに掃除が行き届き、ほとんどゴミらしきものがありません。自分の住む町がきれいなのはうれしいことです。

しかし、きれいだからこそ目立つこともあり、ときどきお菓子の小さなナイロンなどを見かけることがありました。きっと掃除が終わった後に落されたものに違いないと思い、このくらいなら歩きながら拾ってしまおうと家に持ち帰りました。

不思議なもので、拾い始めると今まで気づかなかったゴミが目につくようになりました。

最初は両手で持ち帰れるほどの量でしたが、少し手に余るようになりました。

そこでレジ袋を一枚ポケットに入れて歩くことにしました。

1週間、10日とやっているうちになぜか、レジ袋いっぱいのゴミを拾ってしまいます。空き缶も目につくようになり、レジ袋を2枚持つようにしました。

ある日、飲みかけの空き缶と、食べかけのお弁当の折を見つけてしまいました。ちょっと異臭もしていました。迷った挙句、素手で触ることができずに見ないふりをしてしまいました。

その罪悪感から次の日は軍手も持ち歩くことにしました。

それからしばらくすると、犬の糞が遊歩道に落ちていました。軍手をもってしても拾えなかった私は、次の日からレジ袋3つに軍手、テッシュボックスを持ち歩くことにしました。

一度は大きなダンボールがベンチに放置されていることもありました。

わたしの格好は、レジ袋、軍手をジャージの上着からはみ出させ、ティッシュ箱を右手に、指定のごみ袋をロールごと左手に持ち、もはやウォーキングの目的には見えないいでたちになった頃、やっと仕事が決まり、朝のウォーキングは終了しました。

その掃除の陰徳なのか、職場はとてもいい人たちに恵まれています。

部屋の掃除で心の環境も整える

部屋の掃除というと、日頃は忙しくて出来ないという方も多いです。特に、会社勤めや自営業の方は掃除のために、わざわざ時間をとるのも難しいです。しかし、掃除や整理をしていかないと、段々と物が増え、居住スペースが狭くなります。

それに、自分が何を購入済みなのか管理できなくなるので、無駄な買い物をしてしまう可能性もあります。部屋の整理整頓は、経済的にも大きなメリットがあります。それに、部屋が荒れてくると、自然と心のほうも元気が無くなる傾向があります。仕事から帰ってきて、荒れた部屋を見るよりは、すっきりと片付いた部屋に戻る方が、疲れを癒せるのです。

自分の心と体のためにも、簡単でも良いので掃除をする事をお勧めします。こうした掃除の際に、最初に取り組むことは、壊れた物や不要な物を捨てる作業です。掃除をしていく中で、粗大ごみとして捨てなければならない物も出てきます。このような時は、各市町村の行政に連絡をし、回収料金を確認しておくと良いです。また、あまりにも量が多い場合は、清掃業者に引き取りに来てもらう方が安い場合もあります。

荷物の多い部屋の掃除方法

私にとって、掃除は、永遠のテーマです。幼い頃から学生までは、自分での荷物の管理は、そこまで出来ていなかったので、思い返すと、その頃は、母が勝手に荷物を処分していたからだと記憶していて、なので、荷物が多くもなかったので、自分の部屋の掃除は、困らず、友達を呼んでいました。しかし、20代前半から、一人暮らしをはじめ、引っ越しを繰り返す度に、荷物が増え、引っ越したまんまの荷解きしないダンボールが増え、掃除に苦労するようになりました。一人暮らしの私は、仕事の忙しさもあり、ショッピングも好きで、荷物もまた増えていきましたが、忙しかった仕事ではなくなり、家に居る事が多くなり、ふと我にかえり、このままではいけないと、大量の荷物の部屋の大掃除をする事にしました。過去にも、消防点検などがありましたが、その度、掃除に取り掛かるのですが、荷物が多過ぎて、途中で嫌になり、最後は、布で隠していました。そんな私が、今、掃除を続けていけているコツみたいなものは、布団で眠るスペースだけは確保して、そこは絶対汚さず、休憩も出来ますし、残りを次にも持ち越せます。しかし、狭い部屋での片づけはなかなか大変ですが、荷解きしてみると、結構要らない物も多く、しかし、捨てる勇気のない物は、リサイクルショップで売ってみたら、激安で買い取りされる物がほとんどでしたが、数あるので、意外と良いと思える値段がつき、もっと早くに売りに来るべきだったと思いましたし、売る物を探す楽しみを知ったおかげで、掃除中に、前よりも、スムーズに物を手放そうと思えるようになりました。部屋にスペースも出来てきて、毎日の掃除もやりやすくなりました。荷解きしない頃には、絶対にあると分かっている生活用品も見つけるより買ってしまっていたので、掃除で色んな同じ物が出て来て、引きました。今では、分類して物を置けるように収納出来るようになり、節約にもつながっています。まだまだ減らせるはずですが、無理せず、マイペースに、掃除を続けていこうと思っています。綺麗になれば気持ちも変わると聞いた事がありますが、そうだなぁと実感します。まだまだ雑誌に載るような可愛い部屋には程遠いですが、まずは、友達を呼べる部屋を目標に日々の掃除を頑張っていこうと思います。