荷物の多い部屋の掃除方法

私にとって、掃除は、永遠のテーマです。幼い頃から学生までは、自分での荷物の管理は、そこまで出来ていなかったので、思い返すと、その頃は、母が勝手に荷物を処分していたからだと記憶していて、なので、荷物が多くもなかったので、自分の部屋の掃除は、困らず、友達を呼んでいました。しかし、20代前半から、一人暮らしをはじめ、引っ越しを繰り返す度に、荷物が増え、引っ越したまんまの荷解きしないダンボールが増え、掃除に苦労するようになりました。一人暮らしの私は、仕事の忙しさもあり、ショッピングも好きで、荷物もまた増えていきましたが、忙しかった仕事ではなくなり、家に居る事が多くなり、ふと我にかえり、このままではいけないと、大量の荷物の部屋の大掃除をする事にしました。過去にも、消防点検などがありましたが、その度、掃除に取り掛かるのですが、荷物が多過ぎて、途中で嫌になり、最後は、布で隠していました。そんな私が、今、掃除を続けていけているコツみたいなものは、布団で眠るスペースだけは確保して、そこは絶対汚さず、休憩も出来ますし、残りを次にも持ち越せます。しかし、狭い部屋での片づけはなかなか大変ですが、荷解きしてみると、結構要らない物も多く、しかし、捨てる勇気のない物は、リサイクルショップで売ってみたら、激安で買い取りされる物がほとんどでしたが、数あるので、意外と良いと思える値段がつき、もっと早くに売りに来るべきだったと思いましたし、売る物を探す楽しみを知ったおかげで、掃除中に、前よりも、スムーズに物を手放そうと思えるようになりました。部屋にスペースも出来てきて、毎日の掃除もやりやすくなりました。荷解きしない頃には、絶対にあると分かっている生活用品も見つけるより買ってしまっていたので、掃除で色んな同じ物が出て来て、引きました。今では、分類して物を置けるように収納出来るようになり、節約にもつながっています。まだまだ減らせるはずですが、無理せず、マイペースに、掃除を続けていこうと思っています。綺麗になれば気持ちも変わると聞いた事がありますが、そうだなぁと実感します。まだまだ雑誌に載るような可愛い部屋には程遠いですが、まずは、友達を呼べる部屋を目標に日々の掃除を頑張っていこうと思います。