使わない家具・電化製品の置き場所

今から十数年前だから、もういいでしょう?

当時、故障したプリンター、それと2人用ソファーの置き場所に苦労しておりました。部屋が狭いのもあるんですが、プリンターは新しいのを購入、ソファーは4人掛けを購入しましたので、無用物です。どこかへ処分したいんですが、今の不用品の回収業者やクリーンセンターと言うのを知りませんでした。

仕方なく、家の裏に置いておきました。さて、私はドライブが好きで、休日になるといろんな所へ出かけたものです。

そんなある日、山の方へドライブに行った時に、たまたま用を催して、山道から少し入りました。何気なく下を見ますと、テレビとか冷蔵庫とか結構捨ててあるのを目にしたんです。「ウーン!こんな所に捨てていいのかなぁ・・?」

悪い事とは知りつつ、家の「無用物」とダブりました。意を決して、ある日の早朝、車にプリンター・ソファー・ラジカセを積んで目的地へと向かいました。まだ薄暗く、靄がかかっていましたので、足場が少し不安でしたが、そんな事は言っておれません。勿論、誰もいませんでした。

返りの道中、スッキリした気持ちと何か罪悪感!が同時に頭の中をめぐりました。人間と言うのは汚い所、もうすでに放置してある場所?に捨てるというのは、罪悪感が多少薄れるものですネ!逆に言えば、整理整頓がキチットしてある所には、捨てがたいと思います。

先祖の大事な遺品も時を経ればただのゴミになる

古い蔵を取り壊すことになり、詰め込まれていたものを片付けることになりました。先祖の遺品と思われますが、特に価値のあるものはありません。何十年も眠っていたものが多く、ホコリやネズミの糞といったものにまみれて触るのも嫌でした。特に多かったものは食器の類で、割れている、欠けているものもありましたが、未使用のまま箱に入って忘れられていたものがほとんどで、今更使うにもデザインも古く、譲れるようなものでもなく、価値もないため捨てるしかありませんでした。それらが何十という木箱に入っていました。重たくて運び出すだけで重労働でした。もちろん全てゴミとして処理場にお願いしましたが、量が量だけにお金もかかってしまい、まさに骨折り損のくたびれ儲けをお金をかけてやるという馬鹿馬鹿しい状況でした。

 

量が多すぎるため、使えるものと使えないものとに分別するようなことは最初からしませんでした。ぱっと見使えそうだな、と思えるものがあっても、それは「使えそう」なだけであって「使いたい」ものとは別物です。先祖は大事にとって置きたかったのかも知れませんが、心を鬼にして全てを捨てることにしました。一人ではやらず、家族みんなで協力して作業に当たりましたが、誰かが「あ、これは綺麗」「使えるかもしれない」等言い出しても互いに「いいや使わない」と声を掛け合い、淡々と処理することを心がけました。

 

片付けをしていると「使えそうだから取っておこう」という心理に陥ることがありますが、自分が使うか否かできっぱり切り捨てながら行くほうが良いです。

PR|評判の不用品回収業者|

捨てられない気持ちはよくわかる

最近ではゴミ屋敷の住人にスポットライトを当てた番組なんかもあちこちで見かけるようになり、世間の大きな関心ごとの一つとなっています。でね、ああいった番組を見ていると、ゴミ屋敷の住人の気持ちが少なからず理解できたりするんですよね。いや、もちろん、あそこまでゴミを貯めるというのはどうかと思いますが、「捨てられない」という点においてはものすごく共感できるんです。だって、今は必要がないかもしれないけれど、もしかすると数年後には必要になってくるかもしれないじゃありませんか。または、今は価値がないかもしれないけれど、10年後にはヴィンテージとしての付加価値が備わっているかもしれないじゃありませんか。それを考えると、そう簡単には捨てることが出来ず、私の部屋にはモノがあふれているような状況です。だけども、さすがにスペースがなくなってきたので、今年の大掃除には、本腰を入れて最低でも半分くらいにまでは減らしたいと思っております。

PR|遺品整理と生前整理|

 

廃品の有効利用とゴミの堆積は紙一重?

30代後半の兼業主婦です。同年代のママ友に、廃品利用の大変上手な女性がいます。例えば彼女は、お菓子のボール箱などをきれいな状態でとっておき、どこか外で食事やおやつを食べる…という際に、そんなボール箱をお弁当箱代わりにして、サンドイッチやおにぎり、手作りケーキなどを携えてやってくるのです。カットフルーツが入ったプラスチック製の小さめの入れ物は、百均などでよく見かける簡易タッパーかと思いきや、「実はお漬物が入っていた」容器だと言います。

私がこういったアイディアに感心してほめ、仲良くなるまで彼女は人見知りをしていました。家が裕福でないのでできるだけあるものを利用し、新しく買わずに済ませているとはいうものの、バレてしまった時が惨めになるから…と打ち明けられました。

もちろん不用品を廃棄することも大切です。彼女も最近、「廃品の有効利用も、実はゴミの堆積と紙一重だ」と言っていました。利用価値を認めて物をストックしておいても、見る人から見ればゴミの積み重ねにしか見えないのではないか、と言うのです。家の中の収納スペースに苦心して片づけているらしいのですが、時々やってくる義母に見つかりはしないかとヒヤヒヤしているそうです。私の目からは、しっかりとモノを有効利用している人なので、そんな風に心配しなければいけないのは残念だなあと思うのですが、例えばミニマリストのような人にとっては「ゴミため」かもしれません。やはり彼女が言うように、紙一重なのです。

PR|遺品整理士をお探しなら|

手荒れがひどくても掃除に手を抜けない

完璧な主婦を目指そうとすると掃除に手を抜けなくなります。できるだけ完璧でありたいと思えば思うほど手荒れがひどくなるのが今の私の悩みです。自分の手を見て、ずいぶん年齢を感じさせる手になってしまったな・・・とため息が出てきます。

主婦は掃除だけしていればいいのではありません。料理を作らなくてはいけませんから買い物へ出かけなくてはいけないですし、買いたいものを躊躇なく買えるほど経済的なゆとりがないから節約にも頑張っています。

子育て真っ最中ですし、ママ友とのおつきあいもこなさなくてはいけません。子供を習いごとに行かせ、そちらのおつきあいも大変です。もちろん旦那さんが気持ちよく過ごせる空間を作らなくては主婦として失格です。

毎日毎日息つく暇もないけれど、ハンドクリームを何種類も揃えて一生懸命掃除に励んでいます。手が荒れても、指がひび割れても掃除できるのは、やっぱり家族に快適な環境で生活してほしいからなのです。

PR|首都圏で信頼できる遺品整理士|

まとめて清掃ではマスクが必須

家の掃除はまとめて行います。その理由としては、「面倒なことは一度にまとめて行いたい」という気持ちも大きいものからです。しかしそれだけではなくて、マスクや手袋といったように、掃除の準備の段階のことを考えてみても、一度にまとめて行った方がなにかと時間が短縮できると考えているのです。

ときどき「大掃除みたいに大規模に掃除をしたくないから、毎日少しずつこまめに掃除する」なんていう人もいますけれど、私にしてみたらその逆で、日常から面倒な掃除を切り離したいのでまとめて清掃を行っているのです。

そして、埃で手が荒れて埃でくしゃみが出てしまう体質ですから、まとめて清掃をする時はしっかりと対策をするのです。それがなんのことはなく、手袋&マスクなのですが。日常で掃除をする際には、マスク&手袋まで着用して掃除をするのが面倒ですから、だからこそまとめて清掃になるのですよね。

普段は掃除機ぐらいしかかけませんが、毎週末ないし2週間に1度ぐらいはまとめて清掃を行っています。掃除が面倒くさいことには変わりないので、毎日できるだけしなくてもいいようにのまとめて清掃ですよ。

庭の掃除と雑草等のごみの処理に追われている

庭というのも常に管理していないと、雑草などが生えてしまいますし、さらに植えていた観葉植物なども形が悪くなり伸び放題になってしまいます。

 

このような庭の掃除も、定期的に行わなければならないのですが、隣家から落ち放題の落ち葉の処理にも手間取りますし、庭掃除をしていると思った以上の燃えるごみが出てきてしまうのです。

 

場合によっては、大きな袋3袋で処理してもまだ間に合わなくなってしまうのです。わが家は70坪程の面積がありますので、新緑が目立ち始める季節から、草花が枯れる季節まで常に掃除をしなければなりません。

 

もちろん場合によっては、燃えるごみの日が次の日ではない場合もありますから、いくつものごみを庭に置くこともあります。ごみ置き場も我が家からはかなり離れており、自転車に乗せてごみ処理をしていますが自転車が不安定になり怖いこともあります。

 

庭掃除もほぼ三日に一度は行わなければならないので本当に大変ですし、巨大すぎるごみにも悩まされているのです。
PR|リサイクルショップよりお手軽な廃品回収業者|

運をよくするには家の中の掃除が大事

掃除が嫌いならぜひ風水に興味を持ってみてください。風水に興味を持ち始めると掃除をしないではいられなくなります。風水の本を読んでいると、とにかく家の中をきれいにしなければ運がよくならないことに気がつきます。

自分の運がなんとなく悪いとか、どうもこのところついていないとかで悩んでいる人は、できる限り家の中を掃除してみましょう。周りを見回して特に汚れが目立つ部分を片付けてもいいし、自分の部屋から整理整頓をはじめてもいいです。

それから大事なのは水回りの掃除です。風水でも「水回りが汚れていると運が舞い込んでこない」とはっきり言っています。水回りの汚れは悪い気が溜まりやすく、病気をしやすくなったりよくないことが起きやすくなるといいます。

風水的なものの見方ですが、わたしはこれを信じて家の中だけはいつもきれいな状態を保っています。おかげでついてると思うことが多く、物事が順調に運ぶのでますます掃除が好きになるのです。

PR|愛知ほか東海の粗大ごみ、不用品を引き取ります!|

母の日に清掃業者をお願いした話

社会人になってからのことなのですが、「母の日」に清掃業者による家の清掃をプレゼントしたことがあります。まあ「子どもであるあなたがお母さんへのプレゼントとしてやればいいじゃん」と思う人もいるかも知れませんけれど、けれどもやっぱり清掃業者による清掃って、掃除の仕上がりのクオリティーが違いますからね。

私が「母の日」に清掃業者による清掃をお母さんにプレゼントするようになった理由として、その当時、私がいた部署で清掃業者による掃除が話題になっていたということもありました。私がいた部署の部長の奥さんは、一ヶ月に1度は清掃業者に掃除をお願いしているとかで、その仕上がりがいいと部長が言っていたのですよね。

そしてなおかつ、清掃業者による掃除の値段を聞いたらなかなかリーズナブルなものですから。母をちょっと良いレストランに食事に連れて行くぐらいの価格帯にて、キレイに家を掃除してくれるものですからね。だから頼んでみようと思って、清掃業者にお願いしたのです。

そしてそれ以降は、母の日に清掃業者に清掃をお願いすることが恒例となりましたよ。換気扇のクリーニングですとか、年をとると掃除が億劫になるような部分の掃除を重点的にお願いしています。

PR|正しい生前整理の方法はこちら|

実家・祖父母宅のお掃除は、すすんで助っ人をしよう!

自分の家の掃除はそこそこに済ませている人でも、他人の家を訪れると「うわー汚いなあ、もっとまめに掃除をすればいのに」などと、急に内面が小姑のようになってしまう人がいますね。最もこれは人間がごく普通に行っている「他者との比較」であり、そこからうちは大丈夫か?という自己チェックにつなげているだけですから、真面目な反応とも言えるでしょう。(間違っても、声に出して言ってしまってはいけませんが。)

こういう人ほど、誰か別の人の家の掃除や片づけをする際に、助っ人として大いに重用されます。自分のものではないモノに対してシビアになれるので、「要りませんよね!」と断捨離にも背中を押しやすくなります。また、そこに居住して風景に慣れてしまっている本人に対し、客観的な視点で「きれいか」「汚いか」という判断を下すことができます。

というわけで、もしもあなたが本当に家の中をガッツリ断捨離・片付けし、かつピカピカに磨き上げる大掃除を敢行したいと思うのなら。助っ人を頼むべきは、ごく親しい親戚筋の人間や、かつてそこを実家としていた家族などでしょう。きちんと最後まで手伝ってくれそうな誠実な精鋭を選んで、いざ出陣です!!

PR|滋賀ほか関西の粗大ごみ、不用品を引き取ります!|