私の家で父が死去した際の遺品について

私の実家は昔ながらの日本家屋で庭があり、庭の中で柴犬を飼っており、ほとんどが仕切りのある畳部屋で構成されており、私の父は離れに庭師として置いていた庭師としての道具や農機具を置いていました。そこで、父親が急遽死去した際に、そう言った庭師としての道具や農機具をどうするかとなった際に父の妻つまり母が全てを受け入れると言う形で、そのままになりました。母が農機具や庭道具を剪定等で使用すると言い、また農機具につきましては、普段から母が畑を点在する形で所有しているのでそこに持っていくと言うことで特に父親の遺品として困るような物はなく全て再利用できると言うような形でしたので、そのまま実家に置いて継続して使用すると言う形になりました。唯一整理したものと言えば服なのですが、これも私の兄がサイズが合えば着用すると言ってそのままおいといてくれと言う形になりましたので衣類等もそのまま洋服タンスに格納してあります。写真だけは、大事に保存しておこうと言う形でアルバムを一冊購入してその中に大事に収めました。

粗大ごみの処分には計画性が必要

父が亡くなって以来、実家で一人暮らしをしていた母が脳梗塞で病院に搬送されました。
発症してすぐに運ばれたため、幸い大きな後遺症はなく、また一人暮らしを続けられるだろうということでしたが、退院後はなるべく1階だけで生活できるように、私と妹で神奈川の実家の不用品を片付けることになりました。
母は片付けベタで、監視役でもあった父が亡くなってから、実家はかなり散らかっています。本人が入院中に片づけをするのはあまりよくないらしいのですが、あまりの散らかりように腹も立ち、不要な物は思い切って処分することにしました。
壊れたファンヒーターや、古い布団とファンヒーター、そしてこれもまた壊れかけの飾り棚は粗大ごみに出すことになりました。
困ったのは、粗大ごみの収集日が月に1回しかないことです。他県に住んでいる私は、収集日に合わせて実家に来るのは難しく、フルタイムで働いている妹もなかなか対応できず、結局捨てることができたのは3ヶ月後で、母が退院してからでした。
業者に頼むこともできますが、かなりの費用がかかります。粗大ごみの処分には計画性が大切だと感じました。