粗大ごみの片付けが気になって整理した結果

私は家の中に粗大ごみがあった時に悩んでいました。その時は家具と家電が残っていたので破棄したかったです。しかし大きなごみで家族でも運べないという結果になりました。

家族は腰を痛めていて粗大ごみの整理はできなかったです。私も重いごみを持つと体が悪くなるので不安でした。しかし家の中の粗大ごみは必ず整理したいという考えを持っていました。

当時は友人がいて粗大ごみの片付けで協力してもらいました。具体的には友人が家に来て粗大ごみを発見したのです。それで破棄まで協力してくれると言われました。
手順は友人に任せて家族は楽ができたと思います。例えば家具や家電類は友人が上手く破棄してくれました。私は移動を手伝って処分の際には完全に任せました。
普通なら粗大ごみの処分はお金が掛かるので面倒になります。私は友人が協力的で非常に助かったと思っています。そして面倒な作業を普通にやってくれて感謝しています。

実際に友人は私の家族の腰のことを知っていて、それで粗大ごみの整理にも協力してくれたのでした。

捨てられない物はフリマアプリでお片付け

弟を不慮の事故で亡くした時に、しばらくは遺品に手をつけられずにいました。思い出が詰まっているからというのもありますが、弟を亡くしてしまったことがあまりにもショック過ぎて、これ以上弟に関わる物を失いたくなかったのです。衣類や生活用品はもちろんですが、賞味期限の切れの調味料までなかなか捨てることができませんでした。2年経ってようやく気持ちの整理ができたので、使えない物は処分することができました。しかし、洋服などまだ着れそうな物や使えそうな物は私達家族が使わない物でもなかなか捨てることができませんでした。そのため、弟が大事にしていた物を大事に使ってくれる人がいるなら使って欲しいと思い。フリマアプリに出品することにしました。状態が綺麗な物が多く、値段も安く設定したため、ある程度は売ることができました。売れ残った物は近くのリサイクルショップへ持って行き、買い取ってもらったり、買取ができないと言われた物は引き取ってもらった為、遺品を整理することができました